不動産業界人として持つべき最重要の資格

不動産業界に就職、転職される際に取っておくべきオススメの資格を解説します。
まず1つ目に挙げられる資格は、宅建(宅地建物取引士)です。
この資格は不動産業界における資格の代表とされます。
よってこの業界に就職、転職するならば必要不可欠な資格となります。
実際、この業界で働く人の4から5人に1人は宅建を所有しています。
したがって宅建をまず最初に取得することが大切です。
2つ目に挙げられる資格はファイナンシャルプランナーです。
この資格も不動産業界ではポピュラーな資格となっています。
なぜなら不動産の契約において、その買い手のライフ設計を考えることがもっとも重要になってくるならです。
よって不動産の契約にもっとも力になる資格です。
また他にも実務レベルの力を身につけるなら、不動産実務検定も有力です。
解説した以上の資格は不動産業界で働くためにはもっとも重要な資格です。
またこれらの資格を持つことで、この業界で通じるある程度のスキル=信頼を持つことが可能になります。